日本消化器内視鏡学会 関東支部

日本消化器内視鏡学会のホームページへ

  1. 利益相反(COI)について
  2. サイトマップ
  1. ホーム
  2. 第31回日本消化器内視鏡学会関東セミナー開催にあたって 消化器の生理・運動機能に精通し、診断・治療を極める。

第31回日本消化器内視鏡学会関東セミナー開催にあたって

消化器の生理・運動機能に精通し、診断・治療を極める。

第31回日本消化器内視鏡学会関東セミナー
会長 草野 元康
(群馬大学医学部附属病院 光学医療診療部)

 来る2016年1月24日(日)に東京有楽町の東京国際フォーラムで、第31回の本学会セミナー会長を担当させて頂くことになりました。
 メインテーマを「消化器の生理・運動機能に精通し、診断・治療を極める」と少々欲張りました。消化器内視鏡学の神髄はその診断・治療能にあることは言うまでもありませんが、しっかりした基礎知識に立脚した技術力の向上が消化器内視鏡医としての幅を広げるものと考えます。
 本セミナーの具体的な内容ですが、消化器を「咽頭・食道」「胃・小腸」「胆・膵」「大腸・肛門」の4分野に分け、それぞれ生理・運動機能に精通した先生と内視鏡の診断・治療のエキスパートの2名の先生で合計8つのご講演をお願いいたしました。幸い、関東支部にはこれら分野においてわが国を代表するような専門家がおいでになり、全ての演者の先生にご講演を快諾して頂きました。本セミナーは若い先生方に是非受講して頂きたいのですが、経験豊かな先生方にとっても「目から鱗」のセミナーになるものと確信しています。
 本学会のセミナーは毎回満席でキャンセル待ちが多く、会員の皆様にご不便をお掛けしています。交通の便が良く、なるべく広い会場をと思い、定員約800名の東京国際フォーラムにしましたが、なるべくお早めの申し込みをお願い致します。
 文末にはなりましたが、本セミナーの開催に当たりご尽力頂いた学会関係各位、大変ご多忙中の中お引き受け頂いたプログラム委員、講師、司会の先生方に厚く御礼を申し上げます。またご協賛頂いた各企業の皆様、大変ありがとうございました。


追加受付を終了いたしました。ご応募いただきありがとうございました。

第31回日本消化器内視鏡学会関東セミナーのご案内はこちら