日本消化器内視鏡学会 関東支部

日本消化器内視鏡学会のホームページへ

  1. 利益相反(COI)について
  2. サイトマップ
  1. ホーム
  2. 第36回日本消化器内視鏡学会関東セミナー開催にあたって 内視鏡診断・治療のup-to-date

第36回日本消化器内視鏡学会関東セミナー開催にあたって

内視鏡診断・治療のup-to-date

第36回日本消化器内視鏡学会関東セミナー
会長 露口 利夫
(千葉大学大学院医学研究院 消化器内科学)

 この度、第36回日本消化器内視鏡学会関東セミナー会長を拝命し、2018年7月16日(月・祝日)に東京ビッグサイトにて開催します。伝統ある本セミナーの当番会長を務めさせていただくことは誠に光栄であり、ご推薦いただいた諸先輩方にはこの場を借りて深謝申し上げます。
  消化器内視鏡学の進歩はめざましく、上部・下部消化管、胆膵のそれぞれの各領域におけるup-to-dateを把握することは容易なことではありません。また、対策型内視鏡胃癌検診も始まり、最先端だけでなくscreening検査におけるup-to-dateも求められています。そこで本セミナーはscreeningから最先端の内視鏡診断・治療まで広い範囲を網羅できるプログラムといたしました。各領域でご活躍されている著明な先生にご講演をお願いしており、明日からの診療に役立つ充実したセミナーになるものと確信しております。
  多くの先生方のご参加をお待ちしておりますが席数に限りがございます。ご参加予定の先生におかれましては早めの事前申し込み・登録をお願い申し上げます。

2017年11月

2018年3月7日(水)正午より受付を開始いたします。