日本消化器内視鏡学会 関東支部

日本消化器内視鏡学会のホームページへ

  1. 利益相反(COI)について
  2. サイトマップ
  1. ホーム
  2. 日本消化器内視鏡学会 関東支部について
  3. 支部長挨拶

支部長挨拶

一般社団法人日本消化器内視鏡学会 関東支部
支部長 河合 隆

 この度、日本消化器内視鏡学会関東支部の支部長交代にあたり、ご挨拶申し上げます。

関東支部は1959年11月第一回日本胃カメラ学会関東支部会として創設されました。初代支部長の崎田隆夫先生以降小黒八七郎先生、梅田典嗣先生、三木一正先生、熊谷一秀先生の歴代支部長の後を受け2015年6月より支部長を拝命いたしました東京医科大学病院内視鏡センターの河合隆です。

現在関東支部は会員数11,000名を超え、本学会会員数の約1/3を占める巨大支部となっております。支部の運営は幹事会と運営会議で討議された議題を支部評議員会で承認を得る形で行われております。幹事は庶務幹事、会計幹事、編集幹事、学術・教育幹事のほか関東支部を構成する1都6県からそれぞれ1人ずつ幹事をお願いしており関東全体の融和・統合に努めております。

毎年6月と12月に支部例会を、1月と7月には支部セミナーを開催しております。例会においては、若手医師の内視鏡診断・治療の教育・育成を目的としてアンサーパッドを用いた症例検討セッション、さらにハンズオンセミナーを定期的に行っております。また例会にて発表した内容を若手の先生に論文化させることを目的とした支部機関誌(Progress of Digestive Endoscopy)を発行しており、年間に約150編以上の投稿があります。この支部機関誌は2014年からJ-STAGEに参入し電子版へのアクセスが可能となりました。

2015年4月20日付けで胃がん検診ガイドラインが改定され、内視鏡検査が推奨度Bで承認されました。今後急速に内視鏡検診が多くの地域にて普及して行きます。そこで各施設の標準化、精度管理などを含めた内視鏡検診の現状と問題点を例会・セミナーのテーマに取り入れ、今後は実際に内視鏡検診に携わる検診センターの先生、クリニックの先生にもご参集頂けるような企画を立てることが重要と考えております。

この6月で支部例会は100回を迎えました。今後、関東支部の活性化、さらなる発展、そして社会貢献を果たしてゆくためには、支部会員の先生方のご支援が無くては成り立ちません。今後も様々な情報を会員の方々にメールマガジンなども使用しながら、丁寧に発信していきたいと考えております。皆様のいっそうのご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

平成27年7月 吉日