日本消化器内視鏡学会 関東支部

日本消化器内視鏡学会のホームページへ

  1. 利益相反(COI)について
  2. サイトマップ
  1. ホーム
  2. お知らせ

お知らせ

第108回関東支部例会 若手研究者の表彰結果

第108回関東支部例会の研修医・専修医セッションの発表の中から、次の5演題が優秀演題として選ばれましたので、ご報告いたします。
(敬称略、所属は発表時)

研修医セッション
小田倉 里奈(国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 消化器内科)
「内視鏡的粘膜下層剥離術を施行した直腸Inflammatory fibroid polypの一例」

須崎 賢(東京都立墨東病院 内科)
「好酸球性食道炎に対する吸入ステロイド内服療法中に発症したサイトメガロウイルス食道炎の1例」
専修医セッション
新井 絢也(三井記念病院)
「胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)が産生する粘液による閉塞性黄疸に対して胆道鏡下アルゴンプラズマ凝固法(APC)が有効だった一例」

高尾 公美(がん・感染症センター都立駒込病院 消化器内科)
「膵実質の萎縮,膵管狭窄を認め外科的切除を行った1例」

島井 智士(東京医科大学 消化器 臨床医学系消化器内科学分野)
「リンパ節転移を認めた微小な膵神経内分泌腫瘍(G1)の1例」

演題応募時の倫理承認について

文部科学省、厚生労働省により、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針
( https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/kenkyujigyou/i-kenkyu/ ) 」
が制定され、尊守すべき事項が定められました。
これに則り、2016年10月以降に開催される日本消化器内視鏡学会関東支部例会の応募演題についても、総会あるいは他の学会と同様に、本指針に基づき、各機関等における倫理審査委員会の承認について申告をしていただく事になりましたので、ご対応の程、よろしくお願い申し上げます。


関東支部会 会員の皆様へ

本支部会では関東地方会および関東セミナー会長から要請があり、運営に必要と判断した場合、名簿や宛名シールを当番会長へ渡すことがございます(地方会、セミナーに関すること以外には一切使わないように条件をつけております)。

これにつきましては平成17年6月3日の評議員会で承認を頂きましたが、もし、ご賛同頂けない場合はFAXまたは郵送で下記宛ご連絡ください。受渡リストからお名前をはずさせて頂きます。ただし、それにより届かない案内が出てくることも考えられますので、その旨はご了解ください。

関東地方会、関東セミナーは本支部会の重要事業でございますので、ご協力くださるよう宜しくお願い申し上げます。

連絡先
日本消化器内視鏡学会関東支部会 庶務係
〒104-0045 東京都中央区築地5-1-1 国立がん研究センター中央病院 内視鏡科
TEL:03-3542-2511(内線2018)
FAX:03-3542-3815
E-mail:jgeskanto@nifty.com