日本消化器内視鏡学会 関東支部

日本消化器内視鏡学会のホームページへ

  1. 利益相反(COI)について
  2. サイトマップ
  1. ホーム
  2. Progress of Digestive Endoscopy
  3. 投稿規定

投稿規定

本誌は日本消化器内視鏡学会関東支部の機関誌で年2回発行とする。投稿は共著者を含め原則本誌購読会員(但し,病理などの診断医は除く)に限る(規定17参照)。投稿は,下記要項を厳守の上,所定の推薦状・誓約書,チェックリストに自筆署名し,PDF化したものと共にオンライン投稿システムへアップロードすること。推薦状は,必ず指導上司により作成・自筆署名・捺印されていること。ただし、筆頭著者が内視鏡診療の責任者の場合は不要。論文の採否は1〜2名の査読者による査読を経た上で編集委員会の審査で決定する。なお,論文体裁を変更の上,採用する場合もある。
論文の投稿(アップロード)は,電子投稿システム「ScholarOne ManuscriptsTM」で行う。
投稿Webサイト:http://mc.manuscriptcentral.com/pde
投稿に先立ち,編集室(規定16)まで投稿する旨を連絡し,必要書類を下記からダウンロードして作成すること。

筆頭著者が本誌購読会員でない場合,購読会員の申込を行ってからご投稿をお願いします(規定17)。
*購読会員番号記入の必須欄がございます。

必要書類
推薦状・誓約書     
チェックリスト     
COI報告書[様式2B]  

原稿要項 本文掲載
ページ数
原稿枚数
(含文献)
カラー写真
(Color)
白黒写真・図表
(Fig. ,Table)
要旨 英文抄録
内視鏡の
器械と技術
A 3 6枚以内 4点以内 5点以内 400字以内 200ワード以内
B 2 5枚以内 4点以内 4点以内 不要 180ワード以内
臨床研究 A 5 11枚以内 4点以内 6点以内 600字以内 200ワード以内
B 2 5枚以内 4点以内 4点以内 不要 180ワード以内
症 例 A 4 8枚以内 4点以内 6点以内 400字以内 200ワード以内
B 2 5枚以内 4点以内 4点以内 不要 180ワード以内
総 説 A 7 13枚以内 8点以内 5点以内 300字以内 200ワード以内
経 験 A 7 13枚以内 8点以内 5点以内 300字以内 200ワード以内
Letters to editor 1 1.5枚以内 - 2点以内 不要 不要

投稿論文については投稿者が用語の適切なことを投稿者の責任で確認する必要がある。「消化器内視鏡用語集(第3版)」(編集:日本消化器内視鏡学会用語委員会)を参照し用語が適正であることを確認すること。

  1. 論文は,原稿要項のテーマに沿って,国内外を問わず他誌に未発表のものに限る。それぞれ論文の掲載ページ数は,上欄「原稿要項」以内とする。原稿枚数(400字詰),カラー・白黒写真・図表の点数は上欄以内を厳守のこと。原稿はA4サイズ 20字×20行とし,ページ番号を付記する。
    ・英文にて掲載を希望する場合も上記掲載ページに準ずる(A4サイズ 1枚は原稿枚数 2枚に換算する。和文抄録を必ず添付すること)。
  2. 原稿表紙には,論文名(タイトルは原則32文字まで),執筆者名(16名以内),所属機関名,Corresponding author(責任著者の右肩に*印を付け,E-mailアドレスを記載),Key Words(臨床研究,総説,経験3個,症例,器械2個以内)を明記する。なお,表紙,要旨,図説,英文抄録は本文字数に含まれない。
  3. 原稿は新かな使いを用い,医学用語を除いて常用漢字を用いる。一般化した医学用語は日本語表記する。外国人名,地名,化学用語は原語を用い,一般化しているものはカタカナ表記する。但し,疾患名はカタカナ表記ではなく,原語にて表記のこと(例:×クローン病,○Crohn病)。
  4. 論文中しばしば繰り返す語は略語を用いてよいが,初出時に省略してはならない。但し,「消化器内視鏡用語集(第3版)」に収載されている略語はタイトルに用いてもよい。
  5. 写真は原稿要項の点数以内とし、原則追加は認めない。なお,組写真は構成されている写真の点数でカウントし,1枚につき2点までとする。写真の解像度はカラー300dpi以上、モノクロ1200dpi以上とする。
  6. 図表・シェーマは直接印刷するので鮮明なものに限る。表についてはWordまたはExcelデータを別に添付する。臨床検査データの提示については,必要最小限にとどめる。
    但し,規定5. 6. については削除または変更を求めることがある。
  7. 図および写真は,キャビネ版程度の大きさにし,DOC(X),XLS(X),PPT(X),JPG,TIFF,GIF,AI,EPSおよびPSDフォーマットなどのオリジナルファイルをアップロードすること。
    なお,写真・図表には,図説を一緒につけること。体裁は「オンライン投稿マニュアル」⑩〜⑫「Step5:ファイルのアップロード」を参照。
  8. アップロード画面とは別に,写真・図表の図説を作成のこと。Color, Figure, Tableに分け,英文に限る。本文中に挿入箇所を必ず明記する。
  9. 文献は重要なもののみにとどめ,文中に引用順に肩番号をつけ〔(例)参照〕,以下の*印の形式にて文末に一括する。
    (例)佐藤ら………とされている。
    また,雑誌名の略記は「医学中央雑誌(医中誌)」および「MEDLINE®(PubMed等)」に準ずる。
    *<雑誌の場合>引用番号,著者名(3名連記,他):論文名,雑誌名,巻:頁─頁,発行年(西暦).
    *<書籍・単行本の場合>引用番号,著者名(3名連記,他):論文名.書名(版),編者名,p. 頁─頁,発行所,発行地(外国のみ),発行年(西暦).
    文献引用例
    <雑誌>
    *1)榎本俊行,斉田芳久,髙林一浩,他:胃粘膜下腫瘍,胆囊結石に対する腹腔鏡補助下経口内視鏡的胃全層切除および経口摘出の1 例:Prog Dig Endosc, 78:104-105,2011.
    *2)前谷 容,浮田雄生,南部知子,他:悪性胆管・十二指腸狭窄に対するダブル・メタリックステンティング.胆と膵,30(Suppl):1161-1167, 2009.
    *3)Lin CK, Liang CC, Chang HT et al:Acute hemorrhagic rectal ulcer: an important cause of lower gastrointestinal bleeding in the critically ill patients. Dig Dis Sci, 56:3631-3637, 2011.
    <書籍>
    *4)西田俊朗:消化管間質腫瘍(GIST).消化器疾患最新の治療2011-2012,菅野健太郎,上西紀夫,井廻道夫編,p279-282,南江堂,2011.
    *5)Murad F, Levy MJ, Topazian:Indications, preparation, risks and complications. In:Endosonography, Hawes R, Fockens P(eds), p43-53, Saunders, Philadelphia, 2006.
  10. 英文抄録は,原則医学に精通したネイティブスピーカーもしくは指導上司による英文校正を受けた上で提出すること。また,必ずダブルスペース(行間を1 行あける)で,「原稿要項」欄以内とする。英文タイトル・執筆者・所属機関名は「原稿要項」欄のワード数に含む。
  11. 投稿要領
    a)論文の投稿は,電子投稿システム「ScholarOneManuscriptsTM」で行う。
    投稿Webサイト:http://mc.manuscriptcentral.com/pde
    サイト内の「オンライン投稿マニュアル」を参照のこと。
    b)投稿に先立ち上記のWebサイトにアクセスし,アカウントを作成する(初回利用時のみ)。
    連絡先・メールアドレスなどの変更がある場合は,各自でアカウント情報の修正を行うこと。共著者についても可能な限り全員が登録すること。
    c)論文は,本文(A論文は要旨を含む),図(写真),表,図表説明,英文抄録についてそれぞれファイルを作成し,投稿Webサイトからアップロードする。アップロード前に必ずファイル内の文 字化け,画像の鮮明度・写真の上下などを確認すること。
    d)アップロードファイルは,次のように半角英数字を用いて名前を付ける(拡張子は例示)。
    論文原稿:MainDocument.doc
    図・白黒写真:Fig1.jpg Fig2.jpg Fig3.jpg
    カラー写真:Color1.jpg Color2a.jpg Color2b.jpg
    表:Table1.xls Table2.ppt
    誓約書等:seiyaku.pdf checklist.pdf
    e)アップロードするファイルサイズは,すべてのファイルの合計で20MBまでとする。
    f)オンライン投稿ができない環境の場合,編集室(規定16)に問い合わせのこと。
  12. 著者校正は原則1 回のみ,郵送にて行う。
  13. 本誌に掲載された論文などの著作権は本会に帰属し,他誌などへ使用する場合には本会の同意が必要であり,無断掲載は禁じる。
  14. 別刷は全冊有料で,著者校正終了時までに50部単位で申し込むこと。全経費入金確認後に送付する。

    1部単価 200円(税・送料別)


  15. 採用された論文の著者全員は,当該論文に関す利益相反(COI)の状態について,日本消化器内視鏡学会の規定に従い、所定の書式(「COI報告書[様式2B]」により,掲載前に下記「関東支部庶務係」へ投稿論文とは別にして,提出すること。
    *:指針及び細則,COI報告書,提出先については,学会ホームページを参照のこと。
  16. 投稿についての問合先:
    株式会社 杏林舍
    「Progress of Digestive Endoscopy」編集室
    担当:嶋田 朝彦
    電話:03-3910-4311
    Email:pde_edit@kyorin.co.jp
  17. 購読会員申込先:
    〒104-0045 東京都中央区築地5-1-1
    国立がん研究センター中央病院 内視鏡科
    日本消化器内視鏡学会関東支部 庶務係
    Tel:03(3542)2511  内線2018 Fax:03(3542)3815
    Email:jgeskanto@nifty.com

(2018年5月 一部改訂)